アイカムの生命科学映像は、国際医学・科学映像祭で各賞を受賞、
高く評価されてきました。
1969年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1969年 ベニス・パドバ国際科学・教育映画祭 医学部門 第1位賞
1970年 ユ―ゴ・ニコラ・テスラ国際科学映画祭 銅賞
 
1970年 ベニス・パドバ国際科学・教育映画祭 医学部門 第1位賞
1971年 パキスタン政府保健衛生祭 特別招待
 
1970年 芸術祭 優秀賞
1970年 日本紹介映画祭 優秀作品賞
1970年 ベニス・パドバ国際科学・教育映画祭 自然科学・生物学部門 第1位賞
1971年 リオ・デ・ジャネイロ国際科学映画祭 金賞
1971年 ユ―ゴ・ニコラ・テスラ国際科学映画祭 金賞
1971年 モスクワ国際映画祭 特別招待
1971年 国際科学映画協会キエフ大会 特別名誉賞
1972年 インド家族計画全国大会 特別招待
1976年 ジョン・ミュア・メモリアル・ホスピタル医学映画祭 入賞
1987年 北京国際科学映画祭 優秀作品賞
 
1972年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1972年 リオ・デ・ジャネイロ国際科学映画祭 金賞
1972年 ユ―ゴ・ニコラ・テスラ国際科学映画祭 銅賞
1972年 シカゴ国際映画祭 銀賞
 
1972年 日本紹介映画コンクール 優秀賞
1972年 モントリオール国際環境映画祭 科学映画賞
1972年 国連・国際環境会議(ストックホルム) 特別招待
1972年 アジア国際環境会議(ジヤカルタ) 特別招待
1972年 科学技術映画祭 入選
 
1973年 ベニス・パドバ国際科学・教育映画祭 生理学部門 第1位賞
1974年 リオ・デ・ジャネイロ国際科学映画祭 金賞
1974年 日米医学協力計画コレラ専門家会議 特別参加
 
1975年 芸術祭 優秀賞
1976年 日本紹介映画コンクール 特別賞
1976年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1976年 教育映画祭 最優秀文部大臣賞
1975年 シカゴ国際映画祭 金賞
1975年 ベニス・パドバ国際科学映画・教育部門 第2位賞
1976年 国際科学技術映画コンクール東京大会 奨励賞
1976年 リオ・デ・ジャネイロ国際科学映画祭 銀賞
 
1976年 国際科学技術映画コンクール東京大会 銅賞
1975年 日米医学協力計画コレラ専門家会議 特別参加
 
1977年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1977年 教育映画祭 文部大臣賞
1977年 東京都教育映画コンクール 金賞
1977年 芸術祭参加
 
歯 〜むし歯の原因を探る〜
1977年 日本産業映画コンクール 文部大臣賞
 
カルスの世界
1978年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1978年 東京都教育映画祭 銀賞
 
MIRACLE OF LIFE
1978年 アメリカ教育映画祭 金賞
1978年 コロンバス映画祭 Chris賞
 
1978年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1978年 日本産業映画コンクール 奨励賞
1978年 マールブルグ国際医学映画コンクール 医学教育映画 優秀賞
1978年 北京国際科学映画祭 優秀作品賞
 
白血病および癌治療における多重併用化学療法−細胞周期と化学療法−
1978年 メモリアル・スローン・ケタリング癌センター 招待上映
 
1978年 日本紹介映画コンクール 特別賞
1979年 リオ・デ・ジャネイロ国際科学映画祭 銀賞
 
1979年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
1979年 国際科学技術映画コンクール東京大会 名誉賞
1979年 日本産業映画コンクール 奨励賞
 
1979年 教育映画祭 優秀作品賞
1979年 東京都教育映画コンクール 銀賞
 
1981年 日本科学技術映画祭 優秀作品賞
 
1981年 日本産業映画コンクール 日本産業映画賞
 
心臓 そのリズム発生
1981年 科学技術映画祭 優秀作品賞
 
1982年 日本産業映画コンクール 日本産業映画賞
 
1982年 日本映画技術賞
 
感染防御 〜体液性免疫のしくみ〜
1984年 日本科学技術映画祭 長官賞
1984年 日本産業映画コンクール 奨励賞
 
染色体と生物の進化
1984年 教育映画祭 優秀作品賞
 
いのちをくむ
1985年 日本産業映画・ビデオコンクール 経済団体連合会会長賞
1985年 国際産業映画・ビデオ祭 経団連賞佳作
 
1986年 日本科学技術映画祭 長官賞
 
1999年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 若い観客特別部門 第13位 ※
 
1989年 パルマ国際医学映画祭 グランプリ
1989年 日本産業映画・ビデオコンクール 奨励賞
 
1990年 日本科学技術映画祭 長官賞
 
1991年 パレゾー国際科学映画祭 科学研究特別賞
1997年 ブリュッセル国際科学技術映画祭 大学教育賞 / 生理学賞
 
1991年 パルマ・メディキナーレ国際医学・科学映画祭 優秀賞
1991年 パレゾー国際科学映画祭 招待上映
 
MRSA感染症
1991年 日本科学技術映画祭 長官賞
1991年 日本産業映画・ビデオコンクール 学術・研究部門 産業映画・ビデオ賞
 
1992年 パレゾー国際科学映画祭 外国作品最優秀賞
1992年 日本科学技術映画祭 科学教育部門 長官賞
 
失語症
1992年 日本科学技術映画祭 医学部門 長官賞
 
1993年 TEPIAハイテク・ビデオフェスタ 奨励賞
1993年 日本科学技術映画祭 学術研究部門 長官賞
 
心エコー図で診る虚血性心疾患
1993年 日本科学技術映画祭 医学部門 長官賞
 
1994年 日本科学技術映画祭 長官賞
1997年 ブリュッセル国際科学技術映画祭 科学研究賞
 
1995年 パルマ・メディキナーレ国際医学・科学映画祭 銀賞
 
1996年 国際産業映画・ビデオ祭 ICC技術研究開発部門第1位賞 / インフォ・フィルム賞
1996年 ケベック国際科学映画祭 最優秀科学研究賞
1996年 日本産業文化映像祭 技術・研究開発部門 第2位
1995年 日本産業映画・ビデオコンクール 奨励賞
1997年 ブリュッセル国際科学技術映画祭 科学普及賞
1997年 モーリアック国際医学と健康映画祭 最優秀科学映画賞 ※
1997年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 金賞
1999年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第2位 ※
 
1995年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 レオナルド・ダ・ビンチ大賞
1997年 ブリュッセル国際科学技術映画祭 生理学部門 佳作
 
1997年 オビドス国際医学と健康映画祭 医学部門 金の蛇賞
1997年 パレゾー国際科学映画祭 グランプリ
1997年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 銀賞
1997年 科学技術映像祭 医学部門 長官賞
1999年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第9位 ※
 
1997年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 銅賞
1997年 科学技術映像祭 ポピュラーサイエンス部門 長官賞
1997年 教育映像祭 優秀映像教材選奨 教養部門 優秀作品賞
1997年 日本産業映画・ビデオコンクール 奨励賞
1999年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 国際選抜 第13位 ※
1997年 パレゾー国際映画祭 入選
 
カンジダ・アルビカンスのトランスロケーション -全身性カンジダ症を防ぐために-
1999年 オビドス国際医学と健康映画祭 WAMHF賞 ※
2000年 カナリア諸島医学映画祭 MIF-Sciences TOP15 第11位 ※
2000年 バダホス・医学ビデオ祭 MIF-Sciences TOP15 第7位 ※
2000年 MIF-Sciences Box Office TOP15 第14位 ※
 
1998年 日本科学技術映画祭 長官賞
 
1997年 日本企業映像フェスタ 銅賞 / 技術研究開発部門第一位
1998年 日本科学技術映画祭 長官賞
 
Control of Bacterial Diarrhea (細菌性下痢症を予防する)
2000年 カナリア諸島医学映画祭 MIF-Sciences特別賞 シリーズ部門 第5位 ※
2000年 バダホス・医学ビデオ祭 MIF-Sciences特別賞 シリーズ部門 第5位 ※
2000年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 シリーズ部門 第8位 ※
 
O157腸管感染症
1998年 日本産業映画・ビデオコンクール 学術研究部門 産業映画・ビデオ賞
1998年 国際医療教育メディアフォーラム 文部大臣賞
1998年 TEPIAハイテク・ビデオコンクール 奨励賞
1998年 日本科学技術映画祭 長官賞
 
カンジダのトランスロケーションII 全身播種を防ぐために
1999年 オビドス国際医学と健康映画祭 WAMHF賞 ※
2000年 カナリア諸島医学映画祭 MIF-Sciences特別賞 TOP15 第11位 ※
2000年 バダホス・医学ビデオ祭 MIF-Sciences特別賞 TOP15 第7位 ※
2000年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第8位 ※
2000年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第14位 ※
 
山元行動進化プロジェクト 性行動 その内なるしくみと進化
1999年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 銀賞
2000年 TEPIAハイテク・ビデオコンクール 奨励賞
 
2000年 IHMFC-TIH映画祭 アレルギーと喘息部門 FREDDIE賞
2000年 バダホス・医学ビデオ祭 MIF-Sciences特別賞 TOP15 第4位 ※
2000年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第3位 ※
 
新世紀の感染症治療
2002年 TEPIAハイテク・ビデオコンクール 奨励賞
 
好酸球と気道粘膜傷害 〜アレギサールによる抑制効果〜
2001年 IHMFC-TIH映画祭 アレルギーと喘息部門 入選
 
Cosmic Dance 〜The eternal voyage of life〜
2001年 レオナルド賞パルマ国際医学映画祭 医学健康部門 金賞
2002年 US映画・ビデオ国際映画祭 ドキュメンタリー部門 銀賞
2002年 バルセロナ映画祭 MIF-Sciences特別賞 TOP15 第4位 ※
2002年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 TOP15 第7位 ※
2004年 ポルトガル科学映画祭Sciencia Portoga最優秀科学映画 1位賞
2004年 ポルトガルTELECIENCIA MIF-Sciences特別賞 TOP15 第1位 ※
2005年 パリで招待上映と討論の夕べ
 
2003年 TEPIAハイテク・ビデオコンクール 奨励賞
2003年 日本科学技術映画祭 基礎研究部門 文部科学大臣賞
2003年 日本産業映画・ビデオコンクール 学術研究部門 奨励賞
 
2004年 TEPIAハイテク・ビデオコンクール 奨励賞
 
2005年 第43回日本産業映画・ビデオコンクール 学術・研究部門賞
 
2006年 第47回日本科学技術映画祭 医学部門 文部科学大臣賞
2006年 第16回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール 優秀作品賞
2006年 第7回リエージュ国際健康映画祭
WAMHF(World Association of Medical and Health Films)特別賞
2006年 アメリカ国際健康・医学映画祭(International Health & Medical Media Awards)
  基礎医学部門賞(Prize of Basic & Clinical Science)
2007年 第44回国際科学技術映画祭TECHFILM2007(プラハ, チェコ共和国)
  PRIZE FOR THE BEST EDUCATIONAL PROGRAM(最優秀教育作品賞) ※
2007年 第8回World Media Festival(世界産業映画祭)(ハンブルク)
  ドキュメンタリー部門 intermedia-globe GOLD AWARD(最優秀賞)
2007年 映文連アワード2007 ソーシャルコミュニケーション部門優秀賞
 
2010年 第51回日本科学技術映画祭 研究開発部門 優秀賞
 
2010年 第51回日本科学技術映画祭 特別奨励賞
2010年 映文連アワード 特別表彰 優秀企画賞
 
2011年 映文連アワード 優秀撮影賞
2011年 腸内細菌学会において、(財)日本ビフィズス菌センター設立30年記念映画の製作に対し、アイカム・武田純一郎に、感謝状とビフィズス菌の発見者アンリ・ティシェ記念メダルを授与される。
 
Du Baiser au Bebe (From Kiss to Baby) [モナリザプロダクション(フランス)との共同製作]
2005年 Sancti Petri映画祭 MIF-Sciences特別賞
2005年 Techefilm映画祭 グランプリ
2005年 MIF-Sciences Box Office 年間最優秀科学映画 第1位
 
*この他、文部省特選1本、選定25本、科学技術庁推奨17本、厚生省推薦9本、優秀映画鑑賞会推薦14本など。(2008年現在)
 
※ 国際映画祭授賞式において代理受賞いただくなど、MIF-Sciences、Mr.Michel ALLOULの永年にわたる協力に深く感謝の意を表します。