胃 −巧妙な消化のしくみ−
制作年月 Video:2005年10月
DVD:2006年1月
時 間 14分

あらすじ なぜ胃は自身を消化しないのか?

われわれはこの古くて新しい疑問の解決の糸口をみつけた。
胃は強烈なペプシン(蛋白消化酵素)や胃酸で食物だけを消化する。
粘液層がバリアとして粘膜を護るらしい。
だが、それならば、胃酸はどのようにして粘液バリアを通って、消化現場にたどり着くのか?

我々は胃粘膜で営まれる消化のドラマを追究し、
多角的なバイオイメージングによって、巧妙な胃酸と粘液の分泌の動態を記録できた。
受賞歴 2006 第47回科学技術映像祭 医学部門 文部科学大臣賞
2006 第16回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール 優秀作品賞
2006 第7回リエージュ国際健康映画祭
    WAMHF(World Association of Medical and Health Films)特別賞
2006 FREDDIE Awards International health & Medical Media Awards
    Prize of Basic & Clinical Science(アメリカ国際医学・健康映画祭 基礎医学部門賞)
2007 第44回国際科学技術映画祭 TECHFILM2007(プラハ, チェコ共和国)
    PRIZE FOR THE BEST EDUCATIONAL PROGRAM(最優秀教育作品賞)
2007 第8回World Media Festival(世界産業映画祭)(ハンブルク)
    ドキュメンタリー部門 intermedia-globe GOLD AWARD(最優秀賞)
2007 映文連アワード2007 ソーシャルコミュニケーション部門優秀賞
企 画 あすか製薬株式会社
監 修 石原 和彦 (北里大学医療衛生学部病態生化学 教授)
太田 浩良 (信州大学医学部保健学科検査技術学専攻生体情報検査学 教授)
菅沼 龍夫 (宮崎大学医学部解剖学講座超微形態科学分野 教授)
学術指導 西元寺 克禮 (北里大学医学部消化器内科学 教授)
田辺 聡 (北里大学医学部消化器内科学 講師)
※企画社名、監修・指導学者の所属・肩書き等は完成当時のものです。
スタッフ 構成:武田純一郎
演出:玉井潤
脚本:川村智子 / 玉井潤
撮影:林正浩 / 石井董久 / (SEM)北原幸夫
研究:富田勉 / (SEM)石崎美知子
CG:永田雅己
解説:伊藤惣一
制作デスク:轟泰行 / 山内修 / 伊藤きよみ
制作:武田純一郎 / 西弘士